2018年9月10日

整体師・整体院・リラクゼーションサロンの求人

少子高齢化の現代、求められる職業

少子高齢化が深刻になってきている現代では、様々な人達が身体の不調を訴えて整体師や整体院、リラクゼーションサロンなどに駆け込んでいる傾向にあります。
そのため、これらの業界では常に人手不足が深刻な問題になっています。

更に、整体師の仕事はそれらの施設で働くだけではなく、介護福祉施設の従業員として働くこともできます。
何かしらの資格を取得していれば、高齢者の介護の負担を軽減することが可能になります。
それだけでなく、知識が充実しているので関節や筋を痛めることがなく、介護をされる側の負担も軽くできるのです。
介護福祉施設では、負担の軽減と事故の発生を防ぐためにも身体の関節や筋肉、骨などに熟知している整体師は必要不可欠です。
このような高齢者をケアできる仕事が、現在の日本では非常に求められています。

ただし、整体師は国家資格ではなく民間資格なので医師免許ではないことから医療機関で働くことはできません。
また、医師として薬の投与や服用の指示などもできません。
医師法で定められている診察や医療行為、具体的な病名を申告することなども不可能です。
あくまでも身体を動かしたりマッサージを行ったりする、整体に関わる業務に携わることができるだけなのです。

それらを活用することができるのは、整体院やリラクゼーションサロンに加え介護福祉施設やスポーツジムなどです。
特にスポーツジムのインストラクターとして働くことができれば、利用者が関節や骨などに負荷をかけること無く確実に身体を鍛えたり痩せたりできるメリットがあります。
一般的なジムのインストラクターでは、結果を重視するあまり骨や関節などの負担を無視してしまうこともあります。
これは、加齢とともに関節の痛みやギックリ腰などの症状が生じやすくなるリスクがあるのです。
一方で、整体師が利用者に運動を指導することができれば、それらの間違った運動によって発生するリスクを最小限に抑えることが可能です。
また、関節の痛みを低減させた後に身体を鍛えることができるので、既に痛みがある方でもリハビリを行うことも可能です。
その他、効率的に身体に負荷をかけることにより高齢者の認知症の予防にもなります。
高齢者が増加傾向の現在では、認知症の予防を行い事故が起こる確率を低減させるためにも、整体師が身体を動かすサポートが求められています。
もちろん、マッサージによって痛みが軽減することもできます。
腰痛や膝の痛みなどの関節痛を軽減には、医師の他、整体師の施術も期待できるのです。


主にこんな所で活躍しています。

整体師は主に一般的な整体院で勤務しているだけでなく、高齢者向けの介護福祉施設やスポーツジムのインストラクターとしても活躍しています。

スポーツジムのインストラクターとして勤務している整体師が行うレッスンは、関節や骨に負担をかけずに直接筋肉に負荷をかけるようにサポートすることが可能です。
その点において、普通のインストラクターの指導とは異なっています。
関節や骨の負担を無視して運動を行っていると、将来関節痛になったり、骨を痛めてしまったり、姿勢が悪くなってしまうなどの問題が発生してしまいます。
人間の体の仕組みを徹底的に理解した整体師であれば、適切なケアを行なった上で筋肉強化や体重の減量ができ、安心して通うことができます。

もちろん、スポーツジムだけでなく介護福祉施設や障害者支援施設などで勤務することもあります。
介護を行うには介護を行う側の負担を軽減するだけでなく、利用者の負担も視野に入れて行う必要があります。
ですが、身体の仕組みや構造を理解していなければ、負担を軽減するサポートを行うことは非常に困難を極めます。
整体師であれば人体の構造を把握した上で適切な介護を行うことができ、負担の軽減だけでなく安全性に配慮して対処することが可能になります。
また、脚が不自由だったり目が不自由で運動を行うことが難しかったりするようなご高齢の方も、介護福祉施設にはいらっしゃいます。
だからといって毎日寝たきりの生活をしてしまうと、身体内の一部に血流が滞ってしまい、最悪の場合は壊死してしまう可能性もあります。
このような状態を防ぐためには、適切なケアやマッサージを行う必要があります。
マッサージにより滞っていた血流を身体全体に巡らせることで、身体の隅々までに酸素を行き渡らせることができます。
凝りなどによる不快感も軽減でき、免疫力の向上も期待できるのです。

更に高齢者へのリハビリなどの運動も行うことができます。
リハビリを行う際には、身体への負担を最小限にした上で実行することが何よりも重要です。
負担を無視したリハビリは、殆ど効果が期待できません。
そのため、身体に関する知識を持った整体師が適切に指導を行い、少しずつ身体が動くようにケアする必要があります。

以上のことから、整体師は一般的な整体院だけではなく、介護関係の施設や運動を行うジムなど幅広い場所で活躍することができる職種ということができます。
必ずしも自分で開業して仕事をしている方ばかりではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2018年9月24日

    整体師の働き方
    整体師の活躍の場はいろいろ 整体師と言えば以前は整体院で働くのが当た…
  • 2018年9月24日

    整体師の独立・起業
    整体師として独立へ 整体師の仕事は、身体の歪みを正したり、筋骨格系の…
  • 2018年9月17日

    整体師の今と昔、現代求められるもの
    整体師のイメージ 整体師とは簡単に言うと『人の心身を安定させる為にサ…