2018年9月17日

整体師の今と昔、現代求められるもの

整体師のイメージ

整体師とは簡単に言うと『人の心身を安定させる為にサポートする』役割を持つ職業です。
歴史ある職業で、現代まで根強く続いています。
治療の一般的なイメージは、古式で身体に触れて心身を整える、電力や振動を与えて不調を治すなどです。

実際に整体師による施術を利用しようと考えている方や、整体院に来院した事のある方が持つイメージは様々です。
一例では、「悪い整体院と良い場所の区別が付かない」、「施術を受けた後に悪化したら困る」などが挙げられます。
実際に整体院は全国各地に点在していて、整体師の腕にも間違いなく差があるのは確かなことです。
整体師としてデビューしたばかりの整体師もいれば、経験を積んだベテランの整体師もいます。
いかに来院者の不安を取り除くためにアピールするかが、整体院側にとって重要になります。

事実、整体師の腕が良く来院者の悩みを多く解決しているとしても、施術を受けたことのない方には分かりません。
実際に体験しないことには分からない部分があり、受けるまで不安を覚えてしまうのは仕方がないことと言えます。
よって、良い・悪い整体院か区別する際の指標が分からないという悩みが生じます。
整体院側がこのような不安を取り除きたいと考えた場合、施術の内容と様子を明確に示す必要があります。
例えば、お試しのようなサービスを提供するなどの方法を取れば、来院する方のハードルが下がってきます。

施術を受けた後に悪化したら困るという不安を持つ人も、少なくはありません。
やはり自分の身体に触れられるサービスですから、効くかどうかという疑いや、整体師への信用や実績を見て判断したいと考えるのは当然のことです。

このように、整体院を利用する前の段階から不安を感じている方が多いのが現実です。
整体師へのイメージは軽くない為、施術する側は細心の注意を払わなくてはなりません。
身体に直接触れる職業ですので、コミュニケーション能力や言葉遣いも問われます。
笑顔や声かけ重要です。

整体師のイメージアップを図るなら、厳かな雰囲気や近寄りがたい気配を取り払っていくように心がけましょう。
整体自体の取っ付き難いイメージを変えていく必要があります。


少子高齢化社会の現代に求められるもの

少子高齢化社会が進みつつある現代、それに比例するようにして整体師の活躍の場は増加傾向にあります。
人は歳を重ねると身体が衰え、節々の痛みや骨盤の歪みなどが目立つようになります。
セルフケアでは限界があり、時間とストレスも伴います。
しかし、整体師に施術してもらえば心身と時間のストレスも減少します。
自力で身体や骨の不調に対処するより、効果はハッキリと出やすいのも大きなメリットです。

少子高齢化社会の影響で整体師がシニア世代から人気が出てくるのは一目瞭然です。
しかし、施術する側としてはあらゆる術やサービスの提供をしていかねばなりません。
その理由として、現代日本は多国籍文化に移り変わりつつあり、どの分野でも可能な範囲が広がっているからです。
整体でも同様のことが言えます。
従来の整体系器具の使用は勿論ですが、別の施術方法も模索する必要が出てきています。

現代では、整体院以外にもリフレクソロジーやタイ古式マッサージなど、様々なお悩みやお疲れへのアプローチ方法があります。
整体専用の器具を使って利用者の身体に電流や振動を与えるといったやり方は、どうしてもマンネリ気味になってしまいがちです。
基本的な施術方法だけだと、他と似通っていると判断されて足が遠のいてしまう可能性は無視できません。
よって、整体師院側は利用者に斬新な施術と安心を提供していく必要性があります。
このような点を踏まえ、整体院の中にはお灸や鍼治療を施術の中に積極的に組み込んでいる院や、オイルマッサージなどのリラクゼーションを取り入れている院も存在します。

スマートフォンやパソコンが広く普及し、電子媒体とインターネットを使えば医院の情報は簡単に調べられます。
言い方を変えれば、短時間で複数の整体院を比較できるのです。
ご高齢の方への普及率も増えている為、インターネットを利用して何処の場所が自分のお悩みにとって効果的かを検索される機会は決して少なくないはずです。
少子高齢化社会の現代でも、ご高齢の方が近場の整体院に訪れるとは限りません。
特に重要なのは、『本人が良いと判断する』ことです。

現代の流れに乗って集客効果を上げたいのなら、距離があっても行きたいと思われる整体院作りを目指す必要があります。
それには、従来の施術方法のみではなく、驚くようなサービスも提供しなければなりません。
例えば、初回料金のみ値段を下げる、+aのサービスを付けるなどといったサービスを提供してみると、整体院を選ぶ際のハードルが下がりやすくなります。

どの分野あっても、利用者が望むのは欲求を満たすことです。
如何にクオリティー性の高い治療とサービスを提供するかを検討する必要性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2018年9月24日

    整体師の働き方
    整体師の活躍の場はいろいろ 整体師と言えば以前は整体院で働くのが当た…
  • 2018年9月24日

    整体師の独立・起業
    整体師として独立へ 整体師の仕事は、身体の歪みを正したり、筋骨格系の…
  • 2018年9月17日

    整体師の今と昔、現代求められるもの
    整体師のイメージ 整体師とは簡単に言うと『人の心身を安定させる為にサ…